セネガル

トレーニングの見える化はビジネス化できるか

sn2014_shimizu
タイトル トレーニングの見える化はビジネス化できるか
著者 清水慶太 (平成25年度短期) 職種 青少年活動
派遣国 セネガル 派遣地域 ダカール州ダカール
発表日 2014-05-16 種別 発表スライド

セネガルの首都ダカールの海辺、ちょうどダカール大学の裏手に広がる通称「筋肉海岸」では、毎朝晩ダカール市民が集ってトレーニングに勤しんでいる。毎日約500人以上が集うこの海岸を調べてみると、ダカール市民のフィットネス意識の高さに驚かされると同時に、その意識の高さを満たすような方法でトレーニングをしている人たちはまだまだ少ない。そこで、トレーニングの質向上の一助として、体組成を数値化し、進捗管理を手伝うサービスの提供を目指し、調査を進めた。すると、意外にも、彼らが体組成の測定を行っていない理由は、決して体脂肪や体組成の概念を知らなかったり、それを提供するサービスがないからではなかった。垣間見えた「健康」というキーワード。今後、トレーニングの質向上に寄与する体組成測定が進んでいくかどうかは、本事業を継承したセネガル人の双肩にかかる。 (※本隊員は短期派遣であり、通常のフィールド調査団の活動の流れとは異なるステップで行われた調査、発表です)


download

Powered by: Wordpress