パナマ

栄養改善のための袋栽培と野菜ビジネス

pa2014_miyazaki
タイトル 栄養改善のための袋栽培と野菜ビジネス
著者 宮﨑大輔 (平成25年度1次隊) 職種 野菜栽培
派遣国 パナマ 派遣地域 ベラグアス県カニャーサス郡
発表日 2014-06-30 種別 発表スライド

パナマ共和国の山奥の集落では「野菜の摂取不足による子供のビタミン類不足」が問題になっている。家庭で 野菜を食べる回数を調査すると、およそ半分の家庭は野菜をほとんど食べていなかったが、他の家庭は野菜を 袋で栽培することで週に2回以上野菜を食べていた。そこで袋栽培を普及した結果、すべての家庭が週に2 回以上野菜を食べるようになり野菜の摂取頻度が改善された。 しかし山奥の集落に住む村人たちは現金収入が乏しいので野菜の種を買うことが難しく、種の入手をプロジェク トに依存している。別の村を調査してみると、野菜を売ることで野菜の種を買うための現金を稼いでいる村人が いた。そこで今後は野菜の種を買うための現金を稼ぐために、村に住むパナマ人と中国人にそれぞれに人気の 野菜を栽培し販売する予定である。


download

Powered by: Wordpress