セネガル

在来種の導入事例から考える稲作普及

sn2013_arai
タイトル 在来種の導入事例から考える稲作普及
種苗ビジネスによる適正品種普及の加速
著者 荒井直人 (平成23年度4次隊) 職種 野菜栽培
派遣国 セネガル 派遣地域 カオラック州ニオロ県メディナサバ村
発表日 2013-07-12 種別 発表スライド

セネガル南部のメディナサバ郡では、雨季農業の稲作が普及し始めている。米を主食とするセネガルでは米の自給は需要が高く、農民の稲作へのモチベーションも高い。そこで、私は稲作の普及と種子アクセスの向上を目標に活動をしている。調査では、稲作の導入と定着の要因を探り、効果的な稲作の普及方法を検討した。導入の理由と、経路、品種を調べた結果、知人の稲作成功事例と適正品種の入手を可能にする、種苗店での種子の集約販売と、農家同士の交流の促進が効果的であると結論づけた。


download

Powered by: Wordpress