ケニア

更生学校の子供達が直面している課題への着手

kenji_fujimoto
タイトル 更生学校の子供達が直面している課題への着手
著者 藤本健司 (平成24年度3次隊) 職種 青少年活動
派遣国 ケニア 派遣地域 ケニア共和国キリニャガ県マクタノ
発表日 2014-11-01 種別 発表スライド

18歳以下の犯罪を犯した子供が主に収容される施設である更生学校。子供達は判決次第で最大3年間施設で生活し、日々基礎教育や職業訓練やカウンセリングプログラムなどを受けている。 更生プログラムを受けるも、施設を出る際やそのあとの政府サポートの予算が不十分な状況にある。アフターケアーの改善として適切なサポートを受けるために2つの解決策を見出す。①ハンドブックを通しての保護者への情報提供、②施設にいる間に保護者と子供が施設を出た後のことを共有する機会を与えるために、パーソナルオフィサーワークシートの活用を課題解決の仮説として、解決を試みる。 2014年12月から施設を出る子供に対して約半年間の間、家庭訪問を追跡調査として行い、その仮説の検証を行う。


download

Powered by: Wordpress