ガーナ

ガーナのコミュニティにおける伝統医療に対する意識とその位置づけについて

図1
タイトル ガーナのコミュニティにおける伝統医療に対する意識とその位置づけについて
著者 大谷可菜子 (261) 職種 感染症・エイズ対策
派遣国 ガーナ 派遣地域 ボルタ州ペべ
発表日 2016-06-19 種別

ガーナでは今日でも伝統医療は根強く残っており、その内容もハーブ療法や呪術など様々です。コミュニティの人々は、どのような考えでGHS(ガーナヘルスサービス)の提供する医療と伝統医療を選択しているのか、ヘルスワーカーたちは伝統医療に対してどのような考えを持っているのかインタビューし、HerbalistやTraditional Healerの実状についても調査しました。


download

Powered by: Wordpress