ケニアメンバー

青年海外協力隊
荒殿美香
(あらどの みか)
荒殿美香
H25年度1次隊(2013年7月~2015年7月)村落開発普及員。宮崎県出身。
2010年筑波大学第3学群国際総合学類を卒業後、子どもの将来に役立ちたいとの思いから、教科書出版会社にて営業として小・中・高校等の巡回営業に従事。しかし、かつてからの夢であった国際協力への思いを断ち切れず、協力隊に参加し現場経験を積むことを決意。現在はナクル県ナイバシャ市の農務官事務所に所属し、小規模農家の指導・巡回や農業技術の普及・浸透、ドライフードの普及活動などに取り組んでいる。
伏見真彦
(ふしみ まさひこ)
伏見真彦
H24年度3次隊(2013年1月~2015年1月)・理数科教師。
協力隊フィールド調査団・ケニア1次隊メンバー。栃木県出身。2012年金沢大学理学部卒業。学生の間、アメリカンフットボール生活に浸り、同時に塾講師も4年間経験。「世界中の人がまともな教育を受け る為の環境創出」をモットーに、2013年1月からケニアに青年海外協力隊として赴任。ルニェンジェスという田舎県で、生徒達の出席率向上に向けた活動を行った。
坂本 悠太
(さかもと ゆうた)
坂本 悠太
H24年度3次隊(2013年1月〜2015年1月)・村落開発普及員。
協力隊フィールド調査団1次隊メンバー(ケニア2014年)。東京都出身。2008年中央大学商学部経営学科卒業。同年、半導体専門商社に入社し、日系総合電機メーカー向け半導体チップの仕入れ、販売営業に4年間従事。アフリカの今を自分の目でみて知りたいと思い、2013年1月からケニアに青年海外協力隊として赴任。エンブ郡ンベエレ北県イシアラ村で、村落部で灌漑農業をしている農家グループの作物の販売方法改善による収入向上に向けた活動を行った。
メンター
小辻洋介
(こつじ ようすけ)
小辻洋介
協力隊フィールド調査団メンター(セネガル2013年、ケニア2014年)。
IFC(世界銀行民間投資部門)ケニア事務所インベストメント・オフィサー。2001 年東京大学法学部卒業。同年、ゴールドマン・サックス証券会社投資銀行部門入社。企業の合併・買収や資金調達のアドバイザリー業務に 5 年間従事。2008 年に、ハーバード・ビジネス・スクール卒業後、IFC 農業ビジネス部門(ワシントンDC本部)に入社。2009 年 9 月から、セネガル(西アフリカ)事務所に配属、アフリカの農業・食品ビジネスへの株式投資・融資案件を手掛ける。2013年9月より現職。
Powered by: Wordpress