算数の基礎計算力向上プログラムの効果検証 ~レイテ島タナウアン町の小学校中学年を対象として~

フィリピン、レイテ島タナウアン町における隣接する公立小学校2校で、「9歳の壁」の対象となる小学校3年生 に対して、基礎計算力を測るベースライン調査を行った。得点率は、3割から4割程度で、基礎計算力がほとん ど定着していなかった。原因として、既習内容の絶対的な練習量が不足していることや数の合成や分解ができな いため、数えて答えを導いていることなどが挙げられる。また、教員自身の指導力に対する問題意識が低いこと も分かった。まずは、練習量を確保するために、日常的に、モジュール学習を行うことにした。同時に、月に1 度の定期テストを実施して、その結果を参考にしながら、効果的なモジュール学習の方法を探ることにした。モ ジュール学習後、前回、ベースライン調査を実施した隣接する公立小学校2 校(一つは、モジュール学習を実施 した学校・もう一つはモジュール学習を実施しなかった学校)の4年生(ベースライン調査対象の児童)に対して、 前回と同様のテストを実施したところ、明らかにモジュール学習の効果が見られた。そのため、現在は、モジュ ール学習を多くの教員に実践してもらうために、「モジュール学習をどのように普及・定着させていくのか」につ いて、考えているところである。そのことについても、教員に対して行ったモジュール学習に関するアンケート を用いた定性調査の結果を含めて、まとめている。

さらに表示 算数の基礎計算力向上プログラムの効果検証 ~レイテ島タナウアン町の小学校中学年を対象として~

オルモック県病院 母子保健分野における全体像の把握

オルモック県病院における母子保健に関わる現状をより正確に把握することを目的に、既存の資料・データを探した。今回の発表では、院内の分娩数、若年妊娠、新生児死亡率・妊産婦死亡率、新生児死亡の原因、2016~2018年の妊産婦死亡ケースの詳細等を整理することで、「妊産婦死亡・新生児死亡を防ぐために院内でできることは何か」に焦点を当てて考察した。

さらに表示 オルモック県病院 母子保健分野における全体像の把握

妊婦健診受診率向上を目指したアンケート調査

レイテ島カルビアン町では、2018年度の妊娠初期における健診受診率が全体で40%と低い。カルビアンは、田舎町であり、緊急搬送先の病院まで遠方であり、妊娠早期からのフォローアップ、ハイリスク妊娠の早期発見、治療がとても重要である。今後は、妊婦健診受診率を向上させて行くことが必要である。そのため、今回、妊婦健診に来院した130名の妊婦さんへアンケート調査を実施し、妊娠初期より受診できた群、できなかった群の比較を行った。

さらに表示 妊婦健診受診率向上を目指したアンケート調査

算数の基礎学力向上プログラムの効果検証

フィリピン・レイテ島パロ市における公立小学校2校で、「9歳の壁」の対象となる小学校3 年生を対象に基礎計算力を測るベースライン調査を行った。得点率は、3割から4割程度で、 基礎計算力がほとんど定着していなかった。原因として、絶対的な練習量が不足していること や数の合成や分解ができないため、数えて答えを導いていることなどが挙げられる。また、教 師自身の指導力に対する問題意識が低いことも分かった。まずは、練習量を確保するために、 日常的なモジュール学習を行うことにした。同時に定期的にテストを実施し、結果を参考にし て効果的なモジュール学習を探ることにした。

さらに表示 算数の基礎学力向上プログラムの効果検証

効果的な生活習慣予防対策を目指した介入のニーズ調査

生活習慣病予防対策という広い範囲の要請の中で活動の入り口を見つけるためにスクリー二ング調査とインタビュー調査を実施しました。できていないひとの理由を聞くのでなく、健康的な生活習慣を獲得している人の事実を聞き出し分析することで、マタグオブ町の地域独特の生活や共通する行動変容のプロセスが明らかになったことを報告します。

さらに表示 効果的な生活習慣予防対策を目指した介入のニーズ調査